ACCESS 4 CONSCIOUSNESS

アクセスバーズ- Access Bars®、アクセスボディプロセス・ファシリティター、アクセス認定ファシリテイター、914 819 87

アクセス・バーズがどの様に脳に影響するか?

Leave a comment

アクセス・バーズがどの様に脳に影響するか?

by ACCESS ADMINISTRATOR on NOVEMBER 13, 2011

25年前ギャリー·ダグラスという変わった男が、頭上のポイントを触れることで、どのように電気的な脳機能を変更することができるかに関する情報をチャネリングで得ました。10年後、科学は、彼が「ジョイ」と「サッドネス」と呼ぶポイントは、これらの感情の経験と相関していたことを発見しました。

 

バイオフィードバック専門家の何人かの医師達、一人は心理学者、一人はカイロプラクターは、バーズを受けた時の彼らの脳波機能の変化を報告しました。彼らは、ベータからアルファを通してシータへの変化、睡眠に近いリラックスした状態を報告しました。

 

今日、ニューズウィーク誌は、マネーブレインと呼ばれるカバーストーリーで、私たちの脳内の異なる機能の局所の研究詳細を伝えています。これはバーズを施術する私たちにとって興味深い意味を持っています。軽いヒーリングタッチを頭上の特定のポイントに行うことで、深いリラクゼーションと性格や行動に大きな変化を起こすのです。

 

時代にチューンしているニューズウィークは、アメリカ人の中毒、一般的に費やす(お金)中毒に関することにこの情報を適用しています。この同じ情報は、実際、すべての中毒の局面、そして短期対長期の利得の選択にも適用されます。

 

科学者たちは今中毒について繋がりのある脳の領域は、脳深部における腹側線条体、およびちょうど額の後ろの内側前にある前頭皮質であると局所化しています。機能的MRI機械を使用して、研究者は、被験者が、今または将来にお金を受け取る選択肢を提示されたときの脳の電気的活動を追跡しました。

 

今(お金を)使って、明日の事は知らないという人には、彼らは喜びを先送りするよう求められた際に、これらの分野の電気的活動が減少しました。彼らがもっと待つように求められると、もっと多くの脳内の電気的活動が低下しました。その他の人々は、今、または、未来いずれかでお金を受け取るかどうかで、ふたつの分野での(電気的)活動は同じでした。彼らはどちらであろうと同等に満足していたことを示唆しています。

 

私たちがバーズについて知っていることに、この情報を適用すると、私たちが実際に誰かにバーズをギフトするときに何が起こるかについての興味深い情報を伝えることができます。

 

前頭葉前部は、ジョイ&サッドネスのバーズによって刺激するエリアです。そのエリアが、よりアクティヴな人々は(満足感が瞬時ではなかった他の活動との密接な関係によって)貯蓄が簡単でした。側頭よりの背外側、前頭葉前部の皮質は、「今ほしい。」という脳の他の部分の回路を落ち着かせます。脳のこの部分は、自分を将来に投影し、それを計画する能力と関連しています。脳のこの部分を刺激することは、私たちが良い選択肢をすることに貢献するでしょうか?同じ古いことを、何度も何度もするのではなく。それはヒーリング・バー、フォーム&ストラクチャー、そしてホープ&ドリームスのすぐ下にある脳のこの部分です。面白いでしょう?

 

そして、脳の奥深くの腹側線条体はどうでしょう?バーズがその場所に到達することができていると言いきってよいでしょうか?考えてみてください。単にエイジング・トースターの下です。バーズの本にエイジング・トースターは、脳内に3インチ(7.5cm)拡張すると記述しています。多くのバーズ・ファシリテーターは、ソーダクラッカーがその中に入るトースターといっています。バーズを受ける多くの人々は誰かが頭蓋骨に深く指を突き立てているかのような感覚があると言っています、実際には、彼らの頭の上を軽く触れている人を感じることができるのですが!

 

これは、本当に、科学以上のこじつけではありません。脳の領域の機能をマッピングする元の実験は針を使用して行いましたが、科学は、今、はるかに低侵襲性の経頭蓋(頭全体の)磁気刺激を用いて、脳機能の所在についての研究を行っています。磁石が脳に影響を与えることができるならば(できますが)、電気性質の人間のタッチはまた、確かに脳に影響を与えます。バイオフィードバック専門家の報告は、自分の脳波の変化について、これがそうであることを示唆しています。

 

そして、エイジング・トースターの影響を受けた脳の一部が、実際に私たちが欲しいと言う未来を創造するインテリジェントな選択をするための私達の能力を制御していることは興味深いことではありませんか?私達がこのバーをもっとすれば、齢を取りにくいのでしょうか?この機能の低下は、老化に貢献しているのでしょうか?

 

アクセスで多くの経験を持っているほとんどの人は、魔法、または科学が言っている不可能を可能なこと事として経験してきましたが、脳科学の研究は実際に楽観的な面を持っています。脳の可塑性、適応し、変更する能力を研究する科学者たちは、以前には不可能であると考えられたあらゆる種類のものが実際に可能であることを見つけています。

 

「成人の脳の可塑性に関して発見されているすべては、中脳(即座に満足することに興味のある部分)がより落ち着いた信号を受信するように、これらの接続の数または強度を増加させることが可能であることを示唆しています。」

 

あなた、自分のバーズをランするためのもうひとつの口実を探していませんでした?

 

 

 

 

 

Advertisements

Author: HIROKO

私は、ドロレス・キャノン女史享受による、Quantum Healing Hypnosis Therapy (QHHT) クォンタム ・ヒーリング・ヒプノーシス・セラピー(過去生催眠術)のプラクテイショナーであり、アクセスバーズ、ボディプロセス、そしてアクセスコンシャスネス認定ファシリティター( CFMW)です。物心つく頃から、心と思考に興味津々の子供でした。ジョセフ・マーフィー、ヴァーノン・ハワード、バシャール、ヴァイアナ女史、Dr.ユーエン、そしてドロレス女史と引きつけられるように、潜在意識と可能性の世界に入って来ました。そして、今、アクセス・コンシャスネスと出会いました。本来の自分でありたい、そして本来の自分の生をフルに生きたい方々のお手伝いをさせて頂きます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s