ACCESS 4 CONSCIOUSNESS

アクセスバーズ- Access Bars®、アクセスボディプロセス・ファシリティター、アクセス認定ファシリテイター、914 819 87

初めて私の体は気づいていることに気づいた時

Leave a comment

Access Consciousness

初めて私の体は気づいていることに気づいた時

By Shannon O’hara

 

 

 

私の人生のほとんどは、痛みや胃の中の緊張を感じていたことを思い出します。 いつもそこにあり、痙攣し痛かったのです。

 

 

私が年を取るにつれて、私は痛みから逃れるために麻薬を使い始め、アルコールを飲み始めました。 これは何年も続き、もはや胃の痛みから逃れることができなくなったときに、私は他の答えを求め始めました。 私がそれらの答えを得るための果ては、私が食療法をしなければならないということでした。 だから、私は食べものを変えました、それでも痛みは持続しました。 私は間違った食べ物を排除したか、適切な食べ物を食べてなかったか、適切な運動をしてなかったと考えました。 私は思いつく限りのすべての食療法を試し続けました。 私は見つけることができるすべての選択肢を試しました。

 

 

私はホメオパシー、中国医学、アーユルヴェーダ、断食、ジュース、クレンジング、寄生虫浄化、ヨガ、ピラティス、ランニング、レイキ、マッサージ、理学療法、精神療法、グルテンフリー、乳製品無し、ヴェジタリアン、なんでも言って山ほど試しましたから。 しかし、時折の一時的救済はあれど、必然的に痛みや緊張が戻ってきました。

 

 

私は「これは誰に属するの?」という考えについても学んでいました。 基本的には、サイキック・スポンジのように他の人の思考、感覚、感情をあなたが認識し、拾っているという意識です。私は、思考、感覚、感情ごとに、これが誰に属するのかを尋ねる練習を始め、信じられないほどの成果を得ました。 私が質問したらすぐに、それが私のものでなければ、それは完全に軽くなりました。

 

 

しかし、胃の痛みは持続し、持続しました。 それは気持ちや感情に関して「誰がそれに属しているのか」と大成功を収めていたのにも関わらず、若干軽くなり、フルスロットルでもとに戻りました。

 

 

早送りし、2011年のオーストラリアの休暇へ。
私はある朝、時差ぼけのために太陽の昇る前に起きました。 私は最初の光の中で台所に立っていると、突然胃が痛みました。 私が本当にそこに(痛みが)ないことに気づいたのはこれが初めてでしたし、突然それがそこにあらわれたのです! それは私の意識の中でそれを払いのけることができないほど黒と白でした。 ですから、私は静かに頭の中で「これは誰のですか?」と尋ねました。
それから私は2人の男性の声がかすかに、話しながら道を歩いているのを聞きました。 私の注意がこれらの男性に行くとすぐに、私の胃の痛みは完全に消えました。

 

そして私はわかりました! わお、これは私の体が、これらの男性と彼らの重たさについて何が起こっているのかを教えてくれていたのでした。 私の体はこの情報を私に伝えていました。私の人生のすべて、さまざまな身体や人々について話していましたが、繋がりを作っていませんでした。 私の体が実際に持っていたアウエアネスの深さと雷のごとく速かったことを初めて知りました。

 

私の体のアウエアネスがいかにダイナミックで素早いのかを初めて知ることに加えて、私はこのアウエアネスがどれほど強烈であったかを知り始めました。 私が面識のない道路下のこれらの男性のために何が起こっているのを感じるために、私は実際にその時にいなければならず、リラックスしていなければなりませんでした。

 

私が彼らから気を逸らすと、胃が痙攣し始めました。私が気をつけて、彼らの微かな声を聞いているだけで、胃の痛みが和らぎました。 自分自身が彼らに気づくことを許すと、私は男性の一人がどれほど怒っていたかを感じることができました。 これについて論理的な説明はありませんでした。私は、おそらく彼ら自身も認識していない方法で、これらの男性たちに何が起こっているのかを知り始めました。

 

私の体と道の男性と共に強烈に存在した数分後、エネルギーが消え始め、私の胃は完全に自由になりました。

 

私の体が胃の中で私に与えていたアウエアネスはそれ以後止まることはありませんでしたが、これは私の体のアウエアネスを尊重し、情報に感謝する始まりになりました。それを自分のものと誤解し、終わりなく恐れるのではなく。

 

私の体のアウエアネスの認織は、私の人生の生き方を完全に変えました。 以前の私の人生で実践してきたアウエアネスの逃避を模索するのではなく、アウエアネスを認めることに積極的になりました。

 

私の胃が痛むとすぐに、私の体が私に言ってきたことを見て、あなたにそれを伝えさせて! 人の空間で私が認めなければならなかった動揺、怒り、力、ジャッジのレベルは天文学的でした。 私にはほとんど信じられませんでした。 しかし、私がそれを認め、それを許容するほど、胃の痛みがなくなりました。

 

私たちが気づくことはたくさんありますが、どのようにしてそれを止めるかよりも、どのように対処するか教えられている人がどれくらいいますか? しかし、この「シャットオフ(遮断)」は、例えば、私のおなかのような副作用があります。

 

私は嘘をつきません。私がアウエアネスを認めることを実践し始めたのは容易ではありませんでした、が、すべての事のように、もっと実践すればより楽に上手になりました。

 

あなたの周りの世界のアウエアネスで、あなたの体内に何かが起こっていますか?

 

To discover Shannon’s upcoming Access Body Classes click HERE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*Hirokoが個人で翻訳しました。

かんしゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertisements

Author: HIROKO

私は、ドロレス・キャノン女史享受による、Quantum Healing Hypnosis Therapy (QHHT) クォンタム ・ヒーリング・ヒプノーシス・セラピー(過去生催眠術)のプラクテイショナーであり、アクセスバーズ、ボディプロセス、そしてアクセスコンシャスネス認定ファシリティター( CFMW)です。物心つく頃から、心と思考に興味津々の子供でした。ジョセフ・マーフィー、ヴァーノン・ハワード、バシャール、ヴァイアナ女史、Dr.ユーエン、そしてドロレス女史と引きつけられるように、潜在意識と可能性の世界に入って来ました。そして、今、アクセス・コンシャスネスと出会いました。本来の自分でありたい、そして本来の自分の生をフルに生きたい方々のお手伝いをさせて頂きます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s