ACCESS 4 CONSCIOUSNESS

アクセスバーズ- Access Bars®、アクセスボディプロセス・ファシリティター、アクセス認定ファシリテイター、914 819 87


Leave a comment

9トラニーズを使おう!

Access Consciousness

9トラニーズを使おう!

 

 

 

 

 

これが起こったのは、ファンデーションクラスの2日目の事。

 

 

 

 

 

きゃああああああああ!

同乗のさちほさんと私が同時に叫んだ。

城下町の狭い路地を走っていた時に、自転車の男が急に飛び出してきた。

 

 

 

 

 

ブレーキを踏むものの半分近く飛び出たそれは避けることなど無理。当てた!
と。おもいきや、何の衝撃もない。
ん?
何?
この感覚。

 

 

 

 

 

バックミラーに見えるその自転車の男は、こちらを見てこぎ去った。

今のなに?
なにこれ?
嘘やろ?
不可能やろ?

 

 

 

 

 

その時はぶつぶつ文句言って、

なんちゅうやつや!で過ごし。クラスを普通に進めた。

 

 

 

 

 

夜になって、ベッドについてから気づいた。
これが9トラニーズか?!

 

 

 

 

 

だってあれが事故になってないなど物理的には不可能!

で、あれって思った時のあの不思議な感覚!

下半身のあたりがさらさら〜っと抜けた感じ。

そして涼しい風が吹き抜けたような。

お互いの体を通り抜けてしまった?

 

 

 

 

 

 

という事で、

私たちがマジックそのものだとしたら?

そして、それが自分だというのをやっと認めることができるとしたら?

 

 

 

 

どれほどのカオスを吹き込めば、9トラニーズを毎日、毎瞬間にフツーに永遠につかえるの?

 

 

 

 

 

 

かんしゃ!

Hirokoxxx

 

 

 

Previously, I wrote this as a message to Gary, but it seemed like he did not receive it, so I’ll post it here instead. Here we go!
 

 
It was the 3rd days of the Foundation class. My friend and I were on the way to the venue. When we were in the narrow road of the old castle town, a guy on a bicycle suddenly appeared. It was so sudden that my friend and I screamed! There was no way of avoiding the collision! Crash! That was I expected to hear, but no sound!
 

 
Instead I felt this cool breathe going through the bottom half of my body. I looked down at my body. Then I looked at the rear view mirror. The guy on the bicycle glanced this way and he went on his way as if nothing had happened.

 

 
At that time I didn’t think about it much and just cussed about that guy and hurried on my way to class. But when I thought back, from the very first class, time was so distorted. One day we arrived too early and the next day too late, even though we were very mindful of the time. Then finally this happened.
 

 
In the evening, when I got into bed, I realized what really had happened. 9 Trannies! When I attended the 9 Trannies class in Copenhagen, Gary talked about saving Dain from a car accident. That was what had happened to me as well.
 

 
When I posted about it on my blog the next day, my friend who was beside me in the car at the time, told me about the strange sensation she had felt. I was so fortunate to have an witness, because otherwise this whole thing would have felt like a made up story!
 

 
I didn’t forget to say, can I have more of these? HDIGABTT? How can I use this ability all the time rather than in an emergency and to be able to control it? Oh! How exciting!!! Thank you, thank you, thank you, Gary! CFMW, Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

もしフルパワーを出したら、、、?

Access Consciousness

もしフルパワーを出したら、、、?

 

 

 

 

 

 

じゃ、自分のパワーを出し切ってばーんと世界に出て行ったとしたら?

天狗になるかもしれない。。。

すぐ出た返事がこれだった。

 

 

 

 

 

 

 

反射的にこれ。

自分のしたいことにフルパワー使って向かっていく事を、その先の起こるかどうかわからないものを心配して止めるの?

それが理由で止めてはいないでしょ。

しない為の言い訳を作っているだけでしょ。

そう今いるところは、気持ちいいのよ。

ブツブツ文句を言ってるかもしれないけど、楽なのー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、天狗になったらどうよ?

そんな経験してみたかったんじゃないの?

天狗の何が悪いの?

それも経験。

どうせなら日本一の天狗になってみたら?

おお、世界一の天狗になってみたら?

どんな可能性が広がるか?

 

 

 

 

 

 

 

人から見られるのを厭わない?

究極に目立つのを厭わない?

心地悪く感じるのを厭わない?

 

 

 

 

 

 

 

かんしゃ!

Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

アクセスコンシャスネスのツール!

Access Consciousness

アクセスコンシャスネスのツール!

 

 

 

 

 

アクセスコンシャスネスにはたっくさんのツールがあります。

ツールは道具です。

ツールって何のためにあるの?

もちろん使うため!

 

 

 

 

 

 

いくらあっても使わなければ無用の長物。

猫に小判。

使わなきゃ意味ない!

 

 

 

 

 

 

知ってるだけじゃダメ!

使ってなんぼです!

なんか大阪のおっちゃん風になってるが。。。

 

 

 

 

 

 

どれほどの人々が、秩序のポイントと洗練されたジャッジを使って知識で満足し、

この現実を超えて創り出すカオスの完全な創造力を遠ざけていますか?

 

 

 

 

 

 

Hirokoのザ・ファンデーション津山・岡山へいらしてね!

Hirokoのザ・ファンデーション・シドニーはこちらに!

ツールで遊ぼう!

ツールで創ろう!

 

 

 

 

 

 

 

かんしゃ!

Hirokoxxx