アクセスバーズ 4 CONSCIOUSNESS

アクセスバーズ- Access Bars®、アクセスボディプロセス・ファシリティター、アクセス認定ファシリテイター、フェイスファシリテーター

Leave a comment

教育の新たなビジョン

 

 

 

トーマス・エジソン。 アルバート・アインシュタイン。 多分あなたは彼らのことを聞いたことがありますよね? 今日、私たちは彼らの名前を聞くと、卓越している、天才、発明家、世界チェンジャーと考えます…しかし、彼らの幼い頃は、彼らを取り巻く教師、大人および友達たちは違った見方をしていました。

 

 

 

アルバート・アインシュタインの親は、彼が学習障害を持っていることを心配していました。 9歳でも、彼は話すことに苦労していました。 彼は他の子供たちを避け、異常なほどの癇癪持ちで知られていたと言います。 彼の教師たちは、数学の成功にもかかわらず、彼が言語や、彼の興味がない他の教科との格闘のために知恵遅れかと疑っていました。 そして総合的には成功した学生ではありましたが、教育システムにおける教育のスタイルはアインシュタインにとって不満なものでした。

 

 

 

トーマスエジソンはディスレクシア(失読症)でした。 彼の椅子に静かに座って、教師がクラスに提供していた情報を暗記することは、彼のためにはうまくいきませんでした。 彼の先生は、彼が “クリアに考えられない子”または精神病であると宣言し、彼が学校に出席することができないことを伝える手紙を両親に送りました。 トーマスは自分の学校での経験について語りました。「私は学校で一度もうまくいく事ができなかったことを覚えています。 私はいつもクラスの足元(最下部)にいました。 私は先生が私に同情してくれる事はないと感じていましたし、私の父は私がばかだと思っていました」幸いにも、私たち皆にとってですが、エジソンのお母さんは別の視方を持っており、エジソンを自分で教える選択をしました。

 

 

 

両方の男性は1800年代に生きていました。 両方の男性共地球に大きく貢献しました。 両男性共、彼らが贈り物であると認識しなかった教育制度を経験しました。

 

 

 

さて今日です。 何年も経って。 学校のシステムは1800年代とは少し違って見えるかもしれませんが、私たちはまだ同じように作動しています。

 

 

 

私たちの教育的な考え方は、ありきたりに座って、静かにして、私が言うあなたが学ぶ必要がある事を私が言うやり方で学びなさいです。 テストのための勉強しなさい。 答えを暗記しなさい。 線の内側に色を塗りなさい。決まりの外では考えないでください。 あまり多くの質問をしないでください。 あまり変わってはいけません。

 

 

 

この構築に適合しない子供は、しばしばADD、ADHD、OCD、自閉症などの「障害」とラベル付けされ、脇に置かれます。

 

 

 

これらの「障害」が本当は能力であったとしたら? 教育制度の亀裂に陥っている子供たちが、才能、贈り物、そして能力が私たちが認識しているよりもはるかに偉大なものだとしたら? そして、これらのパワフルな存在の偉大さと輝きを認めれば、教育制度と地球上での異なる可能性を生み出すために必要なものだったとしたら?

 

 

 

私たちはどれ程のトマス・エディソンとアルバート・アインシュタインを見逃していますか? 私たちがこの惑星で知っている、いわゆる人生を文字通り変えることができる能力と才能を備えた素晴らしいクリエイターを何人スキップ(見過ご)しましたか? 単に彼らが私たちの型に合っていないからと言う理由で。

 

 

 

彼らが知っているという事を知る権限を、すべての子供が与えられた世界に住んでいるとしたらどんなでしょう? 彼らがなれること、彼らが何でも選んだものを創造することができるのを知っているとしたら? 彼らがそれを創り出せるツールへのアクセスする権利を与えられている世界? それが今だとしたら? 新たなビジョン、新たな可能性、教育の新しい未来、そして子供たちが出現する準備ができていたら? あなたはそれを選びますか? あなたのために? あなたの子供のために? この惑星の小さな体のすべてのビーイング(存在)のために?

 

 

 

私たちがジャッジの壁を下ろしたとしたら、みんなとすべてを含める(仲間にする)としたら、どんなに違って見えるとしても、、、どうだろう、、、私たちが世界のすべての子供たちの輝きと偉大さを認めたら、、、どうだろう、、、もし私たちが問いかけするとしたら。私たちの子供たちになにが可能だろうか? 私たちの学校には? 私たちの惑星には?、、、どうだろう、、、もし私たち一人ひとりが、私たちが知っていることを知っているとしたら、若くても老いていても、、、どうだろう、、、どんな美しさ、どんな豊かさ、どんな魔法が現れるのだろう、、、どうだろう、、、?

 

 

 

教育と子供との違う可能性の情報については、Access Consciousnessのショップで何が提供されているのかをご覧ください!

Would You Teach a Fish To Climb a Tree – book by Anne Maxwell, Gary Douglas & Dr. Dain Heer

Conscious Parenting, Conscious Kids – a collection of narratives by parents and kids

Empowered Parents Empowering Kids – book by Mary Dravis-Parrish

Ricky’s Kids – A Documentary with Ricky Williams

Conscious Children – X-Men Class with Dr. Dain Heer

 

 

 

 

 

*Hirokoが個人的に翻訳しました。

かんしゃ!

Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author: HIROKO

私は、ドロレス・キャノン女史享受による、Quantum Healing Hypnosis Therapy (QHHT) クォンタム ・ヒーリング・ヒプノーシス・セラピー(過去生催眠術)のプラクテイショナーであり、アクセスバーズ、ボディプロセス、フェイスリフト、そしてアクセスコンシャスネス認定ファシリティター( CFMW)です。物心つく頃から、心と思考に興味津々の子供でした。ジョセフ・マーフィー、ヴァーノン・ハワード、バシャール、ヴァイアナ女史、Dr.ユーエン、そしてドロレス女史と引きつけられるように、潜在意識と可能性の世界に入って来ました。そして、今、アクセス・コンシャスネスと出会いました。本来の自分でありたい、そして本来の自分の生をフルに生きたい方々のお手伝いしてます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.