ACCESS 4 CONSCIOUSNESS

アクセスバーズ- Access Bars®、アクセスボディプロセス・ファシリティター、アクセス認定ファシリテイター、914 819 87


Leave a comment

予測不可能な未来を選ぶのを厭わない?

予測不可能な未来を選ぶのを厭わない?

 

 

 

 

 

沢山の人たちが、自分の人生の目的を探している。

一体私は誰?

私の役目は何?

何をすればいいの?

なんのために生きてるの?

 

 

 

 

 

 

自分の立ち位置を決めたい。

どこにフィットすればいいんだろう?

 

 

 

 

 

 

これって関係性のデジタル化。

予測可能な自分。

自分がイメージできるものは限界。

 

 

 

 

 

 

 

自分は何でもありえるし、

何でもできるとしたら?

どこに所属するかを超えて生きていくことが可能だとしたら?

予測不可能は恐怖ではなく、わくわくのアドヴェンチャーだとしたら?

あなたは予測不可能を生きるのを厭わないですか?

 

 

 

 

 

 

かんしゃ!

Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

迷ってるんです。

Access Consciousness

迷ってるんです。

 

 

 

 

 

 

迷っています。

っていうのは、頭で考えているんだ。

この瞬間に生きているのではない。

私もちょいちょい迷う。

 

 

 

 

 

 

ま、それほどたくさん選ぶことで溢れているってわけだけど。

日常は、人生は選択の繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

アクセスバーズのクラスで習う大事なツール、

重い、軽い、しっかり活用しよう!

 

 

 

 

 

 

 

で、選んだ自分を認めよう。

うまくいかなかった?

そこで悩まんでもいい。

悩む時間は無駄。

次に行こうぜ!

違う選択。

 

 

 

 

 

 

 

Gratitude,

Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

毎日新しい身体で目覚めれるとしたら?

Access Consciousness

毎日新しい身体で目覚めれるとしたら?

SHARE ON:

TwitterFacebookGoogle+Guest Blog Post by Dr. Glenna Rice

ほとんどの人は自分の体はかなり不変的な構造とみています。彼らは、子供として成長を、大人は加齢を、体重の減増、いくつかの疾患を、年月のうちに起こるものとしています。それくらいのものです。あなたは自分の体が毎日起こっているどれ程の変化を認識していますか?あなたが知れば驚くかもしれないのは、私たちの体は事実、常に流動の状態にあるということです。新しい細胞とその構造の変化に伴って連続的に生成されているのです!

 

身体の中を見てみましょう!

  • あなたの髪は3-6歳です、どれ位伸ばしているかによって。
  • あなたの肝臓の齢は約5ヶ月です。
  • あなたの赤血球の齢は、わずか4ヶ月です。
  • あなたの肌の齢は数週間です。
  • 新しい細胞が毎日生成してあなたの腸管の齢は、生まれたばかりの赤ん坊のようにわずか数日です。

では、どのよう我々は、私たちの体を創っているのでしょうか?

これが面白い見方(IPOV)です:

私たちの体の毎日の創造の信じがたいほどの割合は、私達の身体の見方、予測(投影)、期待、分離、判断からなのです。あなたが、あなたの体は、老いていて、醜くく、病気、ふとっていると投影しているなら、それは”呼び出し”、”呪文”であり、それを創り出すために使っているです。私たちは、自分たちが知っているよりもはるかに強力であり、私たちの体は、私たちの見方、愚かさ、誤用と批判から継続的に自身を創りだすのに非常に長けています。

一日に何回あなたは自分の体を判断していますか?千以上、未満?ほとんどの人達は、考えたり声に出して、自分の身体の判断を何百と、日々毎日言っています。

口に出そうが出すまいが、あなたの判断が体にどんな風に現れるべきだと知らせているのです。そして、あなたの体は絶えず変わる必要があるのですが、でなければ死んでしまいますが、結局身体がしているのは、あなたの判断、投影、期待に基づいた、あなたが与えている同じ固定の見方に絶えず変えているのです。

これは、毎日同じものを作成します、少しの老化と病気(Dis-ease)を加えて。私達は単に私たちが判断しているものを再生成します。私たちが、自分たちの体を新しい別の何かに生成することができるとしたら?私たちが考えたこともないような何かが、私たちの体で可能だとしたら?

これは普段コーヒーショップや電話の会話で聞くものです:

「私は一睡もできなかった。」「私はへとへとに疲れている。」「身体が痛い。」「胃が痛い。」「腰が痛い。」「私は年とってきたわ。」「私、母に似てきたわ!」これが、私たちが何度も私たちの体にどうなりなさいと言っていることです。あなたの体が聞いているのは、「疲れた。」「年取った。」「痛くなってきた。」「ここにもっと沢山の病気。」「あなたのお母さんのように年をとってる。」

もし別の可能性があるとしたら?もしあなたの体に質問をしたら? 「身体、私たちが素晴らしい日にするにはどうすればいいの?」「私たちはどのような楽しみがあるかしら?」「今日どんな魔法を、あなたは私のために創ることができるの?」「今日はどんな喜びの現実化で、あなたは私に贈り物をくれるの?」「身体、どんな風にあなたが見えるようにしたいの?」「身体、どんな魔法を私たちは一緒に創りだすことができるの?」 「ねえボディ!私はあなたにとても感謝しているわ!」

そして、私のお気に入りの一つは、「どんな風にこれよりもさらに良くなるの?」素晴らしい日でもファンキーな日であろうとも、あなたの体に現れるすべてのものにこの質問をします。

あなたの体についてのあなたの見方を変え、判断をやめる、そうすると別の何かを生成するでしょうか? はい。世界中の何千もの身体とのワーク後の私の見方(POV)、そして私のアウェアネスがまさにそれです。

身体はすでに毎日真新しく生成しています!だから私達が問いかけを始めたとしたら?私たちがそれを支援するために、判断すること以外の何かで貢献したら?私たちが毎日その生成を育んだとしたら?

身体は、体がすべきことをしていて、私達はそれに対処してるだけ?

からだは、単に身体がすべき事をしていて、あなたは身体が選んだものの影響を受けているように見えませんか?本当は、あなたが自分で思うよりも自分の身体を創りだすのにもっと影響力があるとしたら?あなたが、最も微少なレベルであなたの身体の完全なアウェアネスをいとわないとしたら、、、それは、あなたが自分の体とのコミュニケーションを開くときに可能になり、、、身体はあなたがしていることが好きなことを、または、好きではないことをしている時に伝えてくれるのではないでしょうか……?

そして、私達が病気、疲労、または痛みと呼んでいたものは、単にあなたの身体がそれまずいよってメッセージを与えているのだとしたら?

多くの場合、私たちは自分たちの身体のエネルギーが変わることをおかしいとか、痛みとか問題があるものと誤解します。あなたの体に何かを感じるとき、あなたは身体に尋ねることができます。「身体、あなた変化しているの?そしてあなたに軽く感じれば、イエスだったら、あなたはどのように貢献ができるか尋ねます。

あなたは、自分の身体に無力ではありません。あなたは身体の最もパワフルな創造者です。何を選択したいですか?

 

あなたの身体と対話を始めるためのアクション・ステップ:

  • あなたの身体に確認して下さい、どんな食品が食べたいか。
    あなたの身体に何か摂取する前に、食べ物や薬、サプルメントをあなたの前に置きます。あなたの身体が、
    あなたの持っているものを摂取したいかどうかを確認して下さい。身体が食べ物や飲み物に向かって揺れている場合、それはつまり、「YES!」身体がそれから離れて、後方にゆれる場合は「NO!」
  • 身体にどんな風になりたいか見せてくれるように頼んでください。
    各々の身体は異なって創られます。そして、あなたの身体がこうあってほしいという身体について持っているアイデアは、あなたの身体が望むものとは全く異なっているかもしれません。尋ね始めて、あなたの身体がどこにあなたの注意を引かせるかに注意してください。これは数日あるいは数週間かかる場合があります、が、あなたの身体はどんな風になりたいかをあなたに「示し」始めます。時にはそれがテレビの誰か、または公園で、または看板広告にと、あなたは自分の身体がなりたいものに向かって引かれていることに気づきます。そうしたら、あなたの身体にそのようになる為には、どんな変更が必要なのかを見せするように頼みます、そうすればもっとそれらしくなります!
  • あなたの身体にどんなものを着たいか訊ねてください。
  • 朝、単に服を着る代わりに、まず訊きます! 「身体、今日を何を着たい?」あなたは驚くかもしれません!あなたの身体が異なる材料、あなたには異なるフィットまたはあなたが慣れているものとは異なるスタイルの衣服をあなたに求め始めるのをいとわないようにしましょう。でも、一つだけ確かです、あなたの身体が着たいものを着れば、あなたは見た目も、フィーリングも驚くほど良いでしょう!

あなたの身体がいつも変化しているなら、あなたがどうあれば、あなたとあなたの身体、両方のためにより素晴らしい何かに変えることができるようになるのですか。喜びの具現化は可能です。あなたはそれを得る選択をするだけです!

To learn more about the Access Consciousness 3 Day Body Classes, click HERE

To find out about upcoming Advanced Body Classes with Gary Douglas, click HERE

 

 

 

 

 

 

Hiroko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

じゅりちゃんの問いかけ!

Access Consciousness

じゅりちゃんの問いかけ!

 

 

 

 

 

 

じゅりちゃんは、宮崎でアクセスバーズ・ファシリテイターをしてます。

元々、東京出身なので東京にも出没します!

いつも、足取り軽やかです。

 

 

 

 

 

 

初めて会ったのはボディの福岡クラスだけど、

とっても体に良いという水をどっかりと持ってきてくれました。

私が、芦屋クラス後に声がでなくなった時は、

数日後に舌下にたらすティンクチャー(?)が届きました。

 

 

 

 

 

 

アクセスバーズを田舎のおばちゃんたちに広め、素晴らしい結果を生んでいます。

自分の可能性を信じ、問いかけでどんどん現実化を創っています。

 

 

 

 

 

いろんな所に現れるので、

そこで使う問いかけがあります。

それが、これ。。。

どこに行こうが、これを使う!

 

 

 

 

 

 

例えば。。。京都に行けば、

京都、どんなおもてなしをしてくれるの?

 

 

 

 

 

 

それだけ!

それだけで、どんな楽しい可能性が広がっていくことか。

アクセスしてる人達は色んな所を訪ねるから、

これを使わぬ手はありません!

 

 

 

 

 

 

シェアありがとう、じゅりちゃん

かんしゃ!

 

 

 

 

 

 

Gratitude,

Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

ヌーサでの出会い

Access Consciousness

ヌーサでの出会い

 

 

 

 

 

 

 

レヴェル2&3、ライヴ・ストリームで受けてると、

ギャリーが動物達の事を話し出した。

デインとギャリーが出かけると色んな動物達が現れてくると。

 

 

 

 

 

 

 

 

あーあ、わかる。。。

まあ、ヌーサだから色んな鳥がいるのはわかるけど。

ペリカンを含めて。。。

Makiとプールサイドでバーズのぎふれししてた時におもろい大きな黒い鳥がとことこと歩いてきた。

ターキー?と訊くと、Makiがターキーはのどのところになんかあるでしょー?

そーかー。。。

自分のペースでのんびりプールサイドに消えていった。

日本に帰って調べてみたら、

Australian Brush(Bush)Turkeyだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼にマリーナに行った時も、私には小さなだけど、

日本人には大きなトカゲにもお目にかかったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピクニック・ランチしたときもビーチのそばだったので、

ひとりやわらかい砂の水辺をパシャパシャ歩いていたら、

やどかりさんにも遭遇!

昔、次男の小学校で友達のパトリックが、

やどかりを持ってきてショー&テルをやってたのを思い出した。

デンゼルとゴールド・コースとのるり子ちゃんの息子ちゃんがいたので喜ぶかなと思ったけど、

彼等はもうちょっと大きすぎかな、あまり感動してくれなかったわ。。。

仕方ないから、またもといたところに返してあげた。

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシャイン・コーストの空港でも、

窓越しにまたおもろいかっこのトカゲが居た。

走り方がエリマキトカゲみたいでコミカルでしたわ。

窓にべったりついてくるので暫く遊んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

どでかい犬ちゃんには吼えられるし。

かわいいなあ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな友達。

そういえばへびちゃん見なかったなあ。

うちの家の周りには一杯いたのに。

ヌーサは街なんだなあ。

ちいちゃいけど。

 

 

 

 

 

 

 

いいわあ、オーストラリア!

 

 

 

 

 

 

 

 

Gratitude,

Hirokoxxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

ヌーサにて

Access Consciousness

ヌーサにて

 

 

 

 

 

 

 

前回ヌーサに行った時はブリスベン・エアポートに着いたので、

海岸沿いのルートを取らなかった。

今回は、サンシャイン・コーストのエアポートに着いたのでほとんどが海岸やビーチが見える道のり。

約一年ぶりのオーストラリアは、私にはほっとするところだった。

やっぱり私、オーストラリア好きだわー!

 

 

 

 

 

 

 

 

息子ちゃんたちにまず会いに行ったので、

心地よいメルボルンから、あつーのヌーサに!

クーラム・ビーチには、うちの息子ちゃんが最近やっているというカイト・サーフィンを楽しむ姿があちこちに。

乗り合いタクシーの運転手は、私が楽しげに見ているので嬉しそうに話しかけてくる。

こういう気楽さ大好き!

日本ではないもんなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

シェラトンのゲストが降りると、

最後に残ったのは、11-12歳くらいの子ずれの小さな女性と私だけ。

タクシードライヴァーが荷物を降ろす手伝いをしている間に、

その女性が話しかけてきた。

ホリデイに来たの?

(私)ううん、セミナーに参加するためよ。

あー!やっぱり!アクセス?

(私)そーよー?(驚)!

じゃないかと思って見てた。

(私)あらー、そうなのー。あなたも~?!

そう!言ってたのよ、何か素敵なもの見せてくれ~って!

そしたら、これだわ。

HDIGABTT?

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女達も同じ、Ivory Palmに滞在するということで、

ぎふれししようって別れた。

これがクリスとデンゼルとの出会い。

 

 

 

 

 

 

 

 

初日の夕方はファシリテーターのためのイヴニング・クラスがあって、

ぎふれしできなかった。

で、結局クラスの中でバーズをランしてあげることにした。

始めるとすぐ、隣でバーズを受けていたデンゼルが手を伸ばして私の腕を握ってにっこりした。

彼の母親もバーズを受けれるのが嬉しかったのだろう。

彼は一見して何か障害がある子供だ。

とってもいい笑顔。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスはとーっても社交家なので、バーズを受けてるのに誰彼に話しかけてる。

すぐ頭浮かせるし。

一体、ちゃんと受けとっているのかしら?

先に終わったデンゼルが自由になると、彼が気になってまたしょっちゅう頭を動かすし。

デンゼルは、何回もどこかに一人で行ってしまった事があったらしい。

大丈夫、デンゼルは私の横に座っているからと何度も言わなけりゃならなかった。

こりゃ、早く終わった方がいいかもとすっすっとセッションを終えた。

クラスもさっき終わったしね。

ちょっと短めだったけどね~というと、

いやいや、頭が燃えるようだったと。

なんか、えらく感激してもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのセッションの間には、おもしろい事が起こっていた。

ESBクラスの中でとても動揺してた女性を気遣ってデインがクラス後に話しかけに来ていたのだ。

デインにえらい勢いでまくし立てられた彼女は、そのやり取り後に会場を抜けて泣いたらしい。

結局、その時にもデインは彼女に色々なクリアリングを続け、

隣にいた私は、自分にも当てはまるもののクリアリングにYES!してた。

HDIGABTT?

 

 

 

 

 

 

 

 

という事で、その夕方はかもちゃん、Maki,たかまるちゃんとは別行動。

久しぶりに、オーストラリアンを食べようとボールス・クラブに。

こういう所は、洗練されたものはないけど典型的なオーストラリアの食事が出来るので好き。

昔、ちょいちょいお昼ごはんを食べに行ったもんだ。

安くて、あまりはずれがない食事。

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりおなか空いてなかったので、

パフェかロースト・ラムの小と悩んだ挙句、ロースト!

そしたら、私の前のテーブルのおじいちゃんはそのパフェを持ってきてもらった。

きゃあ、やっぱりそっちにすれば良かったあ!!!

日本のパフェと違って、ほんとのクリームにコーンフレークの上げ底のないパフェ!

(ま、結局、翌日たかまるちゃんとお昼ご飯後のデザートとして食べに行ったのだけど。はっははっはは!)

 

 

 

 

 

 

 

 

じいちゃんは、自分が注文したくせに何が来るのか想像もつかなかったらしい。

来た途端に大笑いし始めた。

私、それ食べたかったのよー!そのパフェ!っていうと。

これはパフェじゃない、なんとかっていうもんだ!

もちろん、最後に勝ったのは私。

あんたの方がよく知っとるなっと変に感心された。

じいちゃん、パフェなんて知らなかったんだ。。。

おもしろいのが、ビールを飲みながら食ってるの。

おいしいのかねー???

 

 

 

 

 

 

 

 

アパートメントに帰ったら、インターネットと格闘!

繋げるのに一時間を要した。

FBでコメントとかポストすると遅すぎて2度同じものをポストしたりしてる!!!Grrrr!

アップ・グレード買おうとしたけど、そこにも繋がらん!

うっそやろ!

もっと商売っ気だしてよ!

日本のインターネット、欲しかったなあ。。。

ま、一応、なんとか用足りたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日の夜は、またいつものごとくかもちゃんとMakiのストゥディオで夕食!

私はクッキングしないのでいつもワイン係り。

かもちゃん、難も苦もなく料理してくれる。

3つの腹ペコの口をお母さん鳥のように面倒見てくれたわ。

私より年下なんだけど、お母さんて呼んでたわ。はっはっははは!

 

 

 

 

 

 

 

 

10時になったので、おいとま!

Ivory Palmに着くと、あれ、クリス。

クリス、たかまるちゃんと私のアパートメントに来てたらしい。

Hirokoって何回も呼んだのよーって。

ぎふれししようって。

たかまるちゃんも誘われたのだけど、翌日は朝3時起きなので断った。

私一人、クリスと後二人のアクセスの友達のアパートメントへ行った。

終わったのは2時半!

すきっとはしたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャワー浴びたら、もうほとんど3時。

でも、ベッドに入ったらこてん。

朝気づいたら、もう一人。

のんびりチェックアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、やっぱりオーストラリア好きー!

インターネット以外は!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gratitude,

Hiroko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

ESB!

Access Consciousness

ESB!

 

 

 

考えてみれば、もう1年!

 

 

 
初めてアクセスバーズクラスを受けたのが、11月16日。
日本で当時ただ一人のバーズ・ファシリティター、京都のあみなさんのもとで。

 

 

 

 

デインのエンボディメントを読んで以来、
これ私、教える!だった私。
そのためには、3人の別のバーズ・ファシリティターから、3回クラスを受講しなければならない。

 

 

 

 

そこで見つけたのが、Garyが20年ぶりくらいにバーズクラスをするという事。
けれど、そのクラス参加条件は、一回はバーズクラスを受けている事!

 

 

 

 

あみなさんのクラスを受ける前に、
オーストラリアのイヴェント・コーディネーターのDelanyに
メールをした。
バーズクラスを受ける予定なのだけど、Garyのクラスの申し込みをしてもいいかと。
答えは、すぐしなさい!凄い人数の人達が申し込んでいるから、遅くなると会場の下の階の部屋で大スクリーンの部屋になるわよ!とのこと。

 

 

 

 

 

そして、そのすぐ前日にニュー・ジーランダーのRebeccaがバーズクラスをするとのこと。それもついでに申し込んだ。

 

 

 

 

 

3人から3回のクラス一気に達成!

 

 

 

 

 

全てが、うそのようにスムースにいった。
泊まるところも、会場のストゥディオが格安で借りれ、
航空券もカンタスのポイントをオーストラリアの国内線にふんだんに使い、
それも格安に!
というのも、私の息子ちゃんたちはメルボルンに住んでいるので、ヌーサに行くならついでに会いに行こうと。
おまけに、ゴールド・コーストの友達のところにもよって。

 

 

 

 

 

12月に帰ってから、ゆっくりバーズ・ファシリティターの申請をし、初めてのクラスは12月15日。初めてのクラスを受けてから、ちょうど一か月だった。

 

 

 

 

その後は、少しづつ私の存在に気づいた人達がぽろぽろと現れ始めた。
そして、クラスの依頼が入るようになり福岡、熊本、広島、伊予西条、札幌、高知、松江、倉敷、そして大阪へ。
すっかり、アクセス・コンシャスネスの見方にとろけこんだ私は、もっと面白い見方を求めた。

 

 

 

 

5月にオンラインでファンデーション&レヴェル1、レヴェル2&3はサンフランシスコ、9Trraniesと3Days Bodyをコペンハーゲンで。

 

 

 

 

そしてコペンハーゲンでSOPしたい!って思った私は、そのクラスの必要条件であるESBをとりにここ、オーストラリアのヌーサへ。

 

 

 

 

 

ESBがどんなものかも全然しらずに!はっはあ!

 

 

 

 

 

続く。。。

 

 

 

 

 

Gratitude,

Hiroko