アクセスバーズ 4 CONSCIOUSNESS

アクセスバーズ- Access Bars®、アクセスボディプロセス・ファシリティター、アクセス認定ファシリテイター、フェイスファシリテーター


Leave a comment

あるバーズ・セッションの出来事

あるバーズ・セッションの出来事

Access Consciousness

昨日のご感想のポストを見ながら、ふと思ったことがありました。

淡路でのクラスでの出来事です。

 

Rちゃん、知人のMさんとはワークで組みたくないわと言ってました。

そういうときには、何かの抵抗が在るんだなぁと感じるので、あえて組んでもらいました。

 

このセッションは、凄かった!!!

ジョイ&サッドネスに来た時です。

Rちゃん、がたがた震え始めました。

寒くなりました。

涙が出てきました。

 

施術しているMさんは、この指が離れないというのです。

その時は、私、勘違いしてサッドネス(悲しみ)と思っていたのですが、

思い直してみると、そのバーはジョイ(喜び)でした。

 

離れないという事は、それが必要なんでしょうとエネルギーを追う事に。

暫くして、すっぽんって感じで指が抜けました。

 

その後も、残りのセッション中は震えが止まりませんでした。

終わった後も、暫く声も出ませんでした。

その後、2回目の受ける側の時は落ち着いて受ける事ができました。

 

一体、何をクリアにしたのかは分かりませんが、かなりのものを削除したのは確かです。

 

昨日のNさんのジョイは、笑いがとまらなく赤ちゃんの様に笑い。

Rちゃんは、このジョイのためにつめた~くなってしまった。

同じバーでありながら、これ程違う体感です。

本当に一人ひとり全く、しかもするたびに違う経験です。

でも、これも手放してお終い!

 

バーズをするたびに、オリジナルの自分に近づいていく私達。

今度は、何を手放すんでしょう?

 

Gratitude,

Hiroko